特別養護老人ホーム里山の家木島平

施設の特徴

ユニットケアとは?

ユニットケアの理念は、「一人ひとりの生活習慣や子に身を尊重し今までに暮らしが継続できるようにサポートすること」です。
具体的には以下の4つのポイントを実現することです。

① 少人数ケア体制をつくる
② 入居者が自分の住まいと思える環境をつくる
③ 24時間の暮らしを保障する仕組みをつくる
④ 今までの暮らしを続けてもらえうような暮らしをつくる

少人数ユニットならではの、お一人お一人との馴染みの関係構築や、24時間の暮らしぶりを深く理解した上での生活サポート、そして治療・入院ではなくゆっくり楽しく日々を過ごして頂く事が、ユニットケアの目指すところです。

ユニットケアならではのメリット

ユニットケアを採用することで、より住宅に近い環境で、入居者の方一人ひとりの個性や生活のリズムを尊重し、他人との人間関係を築きながら日常生活を営めるように介護サービスを提供することが可能です。

ユニットケアとは

私達の考える『地域密着型』とは?

地域密着型特別養護サービスは複数の種類があります。
里山の家木島平は、「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護施設」に分類され、定員30人未満の小規模な介護老人福祉施設として運営し、ご入居いただく方の日常生活上のお世話や機能訓練などの介護サービスを提供します。
また、私達みゆき福祉会が考える「地域密着型」サービスは、制度上の分類に留まりません。
地元の食材で地元の方が作った新鮮で美味しい料理(地産地消)や、スタッフの地元雇用など、一歩進んだ地域密着型サービスで、ご入居頂く方の生活をサポート致します。

施設面でも、ご家族のみならず地域の方にも気軽に訪問して頂ける施設作りやイベント開催など、地域の交流を生む施設でありたいと考えております。

地元の食材を使用した季節のお料理
地元の食材を使用した季節のお料理
故郷を愛する地元スタッフの採用
故郷を愛する地元スタッフの採用

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
0269-82-2980受付時間 8:30 〜 17:30
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

Pagetop